相関係数と回帰分析(最小2乗法により回帰曲線を求める)

相関係数と回帰分析(最小2乗法により回帰曲線を求める)の計算方法についてご質問です。 「"価格どうし"で相関係数を計算すると0.8以上の大きな相関係数(≒大きなR2乗値)が出る のに、"収益率どうし"で計算すると0.1以下の小さな値になってしまう」という問題で困っております。 為替レート(ドルストレート)と、あるドル建て商品価格の相関を調べています。 普通は収益率どうしで分析するものだと思いますが、なぜこのようなことが起こるのでしょう。 最終目的は、(決定係数や相関係数が大きいことを確認した上で)その時の回帰曲線(為替レートがx、商品価格がy)の傾きであるβ値を利用して最適ヘッジ比率を決めたい、というものです。 そのまま計算したり散布図を作ると明らかに相関関係にあるよ�

��に見えるのに、収益率に焼き直したとたんにその関係が壊れてしまいます。 前提条件: ・掲載できないのですが、データ数は188日分の日次データを使っておりサンプルが少ないわけではないと思います。 ・為替レートと商品価格で計算しておりますので、価格の単位が異なります(ただ相関係数には単位が関係ないはずでは。。)。 ・商品価格は上場商品ではなく直物価格のため、為替レートほどアクティブに毎日変化しません。 ・収益率での計算をする場合は対数収益率LN(St/St-1)と(St-St-1)/Stという単利収益率の両方で計算しており、どちらでも同じ様な結果(ほぼ無相関)になりました。 何か計算の綾があるのでしょうか。

あたりまえです。意味がちがうからです。大体100円のものを比べればみんな似たようなもんです(相関が高い)。110円のパンも95円のヨーグルトもだいたい100円。 でも偏差(変化)でみると110円のパンは100円から+10円離れており95円のヨーグルトは-5円離れているので左右の両端です(相関が低い)。 動きを見たいのであれば変化率で相関を取ってください☆

基本的な質問ですみませんが 今クレジット付き楽天カードを持っているんですが スーパーマーケットや楽天市場以外のネットスーパー などで楽天カードのクレジット払いした場合 楽天ポイントは貯まりますか?? カードを買ったばかりでよく分からないので 宜しくお願いします<(_ _)>

100円で1円ポイントRポイント加盟店では別に100円で1円ポイントかそれぞれの加盟店のサービスでRポイントが更に付くわけ例えばサークルKでは毎週火曜日はポイント倍の日とか商品によっては130円ぐらで10円ぽいんとかなので実店舗でも加盟店で使った方がポイントがいつでも倍以上付くということだでしょうそうでしょう