建売で買付けの用紙に購入希望価格を記入して出

建売で買付けの用紙に購入希望価格を記入して出したのですが、その時点で現実的でない(表示よりも安い)数字だと営業が判断した場合は受け取らないものですか? ローン審査の資料なども指示されたため記入してお渡ししました。 ある程度見込みがあるから持って行ったのでしょうか?? 希望価格に近い金額でご縁があればと思い質問させて頂きました。 詳しい方よろしくお願いします。

家の購入は「駆け引き」と思っている方が多く「値引きは?」とかの質問がよく見られます。 実際には、プロの業者である不動産屋やメーカーとド素人の買い手が「駆け引き」などできるわけはありません。 表示価格(売値)4,000万円 の物件があったとします。 購入可能な値引き額は最大であっても1割引きです。 値引きに関する条件「売り出し後もなかなか買い手がつかない」「早く売りたい」などがあって、3,600万円まで値引きされれば御の字です。もちろん諸費用に値引き分が転嫁されてしまうこともよくあります。 通常値引きは1割まではいきません。競争相手などがあれば値引きはありません。 売り手が「売れる」と考えれば値引きしませんから、どんな物件も1割の値引き交渉するのはナンセンスです。 ご質問の場合も�

��たとえば、4,000万円の物件に3,000万円と希望価格を書いても、単純にはそれはダメです。 ただ、売り手の業者によっては、家本体以外の費用を割増することで家本体は希望価格で売る、ことがあります。買い手にとっては支払う総額は値引きされないので詐欺のようなものです。 売り手にとっては家本体の価格などどうでもいいのです。買い手が「総額いくら支払うのか」が問題なのです。 では、とりあえず希望価格をもっていった営業は何をしているのでしょうか? その希望価格と、その他の割増し費用で「帳尻が合うような支払額にできるかどうか」を計算しているのです。 関連業者からのリベートや手数料の算定などで家の値引き額を補填できるかどうか、を検討しているのです。 つまり、買い手に「業者の予定どおりの総額」

を支払わせる名目と金額を調整しているのです。 帳尻が合う総額になればOKでしょうし、ダメなら「無理」ということです。 計算は複雑ですので営業の判断などではありません。ましてや「駆け引き」ではありません。ご縁でもありません。 よいですか。 家の購入は単純に金額だけの売買です。「縁」とか「その人だけの値引き」とか「うまくやった駆け引き」とか、営業が何と言おうとそんなものは一切ありません。あるのは金勘定だけです。

乃木坂46 橋本奈々未の写真集『やさしい棘』に関する質問です。 Amazonで表紙セブンネットバージョンを購入しようと考えているのですが、あれは通常のカバーの上にセブンネットバージョンのカバーがあるってことでしょうか? それとも、通常カバーは無くてセブンネットバージョンのカバーだけの物なのでしょうか? 教えてください。お願いします。

通常のカバーはありません。 セブンネットバージョンのカバーだけです。